Q、現金としての財産が少ないので土地を売りたいと思っています。財産として残された土地がいくらになるのかを知るためにはどのように評価するのが良いのでしょうか?


我が家には被相続人が残してくれた土地がたくさんあります。
一方、現金に残された財産というのはさほど多くはありませんが相続人で平等に分けることで決定しています。
しかし、土地に関してはこれから評価額などを知り、その上で改めて相続人同士でどれだけの余裕があるのか、土地そのものがいくらになるのかを知るためにはどんな方法が一番良いのでしょうか?

税理士さんにお願いすれば税理士さんも土地を評価してくれるようですが、友人に聞いたところ税理士さんよりも、不動産鑑定士に聞いた方が良いと言われました。
しかし、財産分与についても、税理士さんにお願いしようと思っており、土地の価格の評価などについてもすべておまかせしようと考えていますが、それでは何か不都合があるのでしょうか?
できるだけ早く相続問題を解決したいと思うので最も良い方法はどんなものか、そして尚且つ少しでも土地の価格が多くなるような評価方法はどんなものがあるのか教えていただきたいと思います。

非常に多くの土地があり相続税についても考えていかなくてはなりませんので、スピーディーに土地の価格を知らなくてはなりません。

A、不動産鑑定士の方が土地の価格は高くなる傾向となっています。

相続に精通している弁護士(練馬法律事務所)は、財産として残された土地の価格を知るには2つの方法があると言っています(参考ページ:https://nerima-souzoku.com/hudousan-hyoka/)
ひとつは税理士が毎年国から発表されいる路線価を参考にしながら相続税を算出する際に評価するものとなっています。
こちらの場合には土地の形状などとは関係なく、あくまでも発表された路線価に従って坪数から評価額を導き出すといった方法になっています。

そのため比較的評価額は低くなる傾向にあり、相続税対策を考えるのであれば全体的な価値が非常に多い場合にはこちらの方法で評価額を算出した方が最終的には支払うべき相続税も少なくなることが考えられます。

一方、もう一つの評価方法というのは、不動産鑑定士が行っているものとなっており、こちらの場合には、路線価だけではなく、土地の形状や周辺の環境などからも土地の価格が算出される方法となっていますので、前記した。 税理士が算出する土地価格よりも高くなる傾向にあります。

そのため土地を少しでも多くの現金に換えたいと考えているのであれば、こちらの方法がおすすめになるのですが、反対に、相続税対策を考えていくと土地が多ければ大きいほど、相続税の対象になってしまう可能性が高くなります。
そのためどちらの方法が良いのかというのは残された土地の広さなどによって変わってくるので、税理士に相談してみるのが1番でしょう。
その上で少しでも相続税の対象とならない方法で土地の評価額を決めると良いです。
この土地を売る場合であっても相続登記をしてそのまま維持していくと言う場合であっても、相続税は支払わなくてはいけないので、どちらにしても土地の評価額を知ることは大切なことだと言えます。

また、この土地を売るといった場合には一度相続登記を行ってから手放す形になりますが、どれだけの価格で売れるのかを知ることによって相続協議の段階で売れた土地の金額を相続人が分割する際に一人一人の相続人の取り分がどれほどなのかという部分について、ある程度予想することができるので助かります。
多少費用が必要になってしまいますが、税理士が算出する価格と不動産鑑定士が算出する価格の両方を知っておくのも今後の相続協議において良い事といえます。

投稿日:2019年3月1日 更新日:

執筆者:

新しい記事はありません